公益社団法人日本写真家協会 日本旅のペンクラブ
日本旅行写真家協会  美ら島沖縄大使

次ページ
<写真特集> 令和元年(2019年)「竹富島の種子取祭」 竹富公民館協力 2020年12月1日

10日間にわたる島最大の祭り「種子取祭」(国指定重要無形民俗文化財)を撮り続けて30年余―となりますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、神事のみで、奉納芸能は全て取りやめとなりました。そこで昨年度、令和元年の「種子取祭」、神事と奉納芸能77演目をダイジェストでご紹介します。 祭りは1日目<甲申(きのえさる)の日>の儀式「トゥルッキ」から始まりますが、特に祭りのハイライト、七日目からの奉納芸能〜夜通し家々をまわるユークイ〜奉納芸能は36時間不眠不休、今回も無事シャッターを切り続けることができました。長年見続けてきた「種子取祭」、祖父母から親、子、孫へのつながりの中で、 多少姿カタチが変わっても、変わらないのは一致協力する“うつぐみ精神”。
島の宝を次世代に―。 <写真145点>

「星砂の島」<第19号(最終号)全国竹冨島文化協会>に写真特集
NPO法人たきどぅん https://takidhun.org/
竹冨島ゆがふ館 https://www.taketomijima.jp/
五日目   幕舎張り  
種子取の祈願・玻座間御嶽 種子取の祈願・世持御嶽
種子取の祈願・清明御嶽 種子取祭をこの日に統一した根原金殿(ネーレカンドゥ)への祈願
粟の祈願、種子下ろしの儀式(仲筋村) 魔除けのサン結びをしたユッキ(ススキ)
魔除けのユッキを立てて種子下ろしの儀式(玻座間村) 六日目 飯初(イーヤチ)づくり
参詣用タコのこしらえ 飯初(イーヤチ)
御酒(ミシャク)をいただく 内盛家の飯初戴み(イーヤチカミ)儀式
「玻座間民俗芸能保存会」による 大山家大主への祈願(世曳き狂言) 「世曳き狂言」 最後の猛稽古
ちょっと割り込み、西塘さまに受賞報告「八重山地区小学校陸上競技大会」 午後5時 竹富公民館による取材説明会
  玻座間村狂言(キョンギン)部の仕込み(フクミ)
玻座間・西集落舞踊(ブドゥイ)部の仕込み 玻座間・東集落舞踊部の仕込み
仲筋集落の狂言部・舞踊部仕込み  
七日目   玻座間御嶽の神様をご案内 與那國家の弥勒(ミルク)願い
午前 6 時、弥勒奉安殿にて「弥勒おこし」の儀式 世持御嶽にて、播いた種子が発芽するよう「バルビルの願い」
イバン採り カンタイの儀式
カンタイの儀式 カンタイの儀式 前本顧問(右)と内盛公民館長
神司を先頭に参詣(サンケイ)  
ガーリィ (願 礼) を繰り返す 前本顧問より主事へ激励の挨拶
人生最良の日!水野主事ご夫婦 参詣の儀式
<庭の芸能>
   
野原健・駆(かける)君親子共演 世持御嶽前広場で巻き唄をうたう
ガーリィを繰り返す ホラ貝・ドラ・太鼓で庭の芸能の始まり
「棒」の登場 清めの「棒」
  竹富小中学校児童生徒・教職員の「太鼓」
「マミドー」 「ジッチュ」
「真栄(マサカイ)」 「祝い種子取」
「腕棒(ウディボー) 「馬乗者(ンーマヌシャ)」
奉納舞台芸能 <玻座間村> (初日)
   
玻座間ホンジャー 種子取を寿ぐ 豊穣と子孫繁栄の神・弥勒神と子孫(ファーマー)の登場
「シーザブドゥイ」 農具づくり「鍛冶工(カザグ)狂言」
「赤馬節」 「玻座間口説」
「玻座間口説」 「しきた盆」
「組頭(フンガシャ)狂言」 「種子取節」
「めでたい節」 畑の種子播き「世持(ユームチ)狂言」
「安里屋」 各地から生まれ年の同期生(1・2列)が駆けつける
「かたみ節」 「まんのう」
島の豪農大山家の「世曳き(ユーヒキ)狂言
「谷茶前」 「真栄(マサカイ)」
「大浦越路節」 「松竹梅」
 組踊「伏山敵討」
「竹富ガンギ」 「赤またー節」
「世果報節」 「組長刀」
「元たらくじ」 「八重山下ル口説」
「胡蝶の舞」 「ペーク漫遊記」
「鳩間節」(正調) 「笠踊り」
「揚古見の浦」 「稔り美しや」
「鳩間節」(早調) 「竹富口説」
曽我の夜討ち「曽我兄弟」
一晩中のユークイを誓う「イバン載みの儀式」 「世ば稔れ」(ユバノーレ)と胴上げ、根原家ユークイ
根原金殿の子孫宅・根原家に参拝・祈願拝礼 東集落宇根家 「稲が種子アヨウ」「根下しユンタ」をうたう
西集落新田神司宅のユークイ 西集落のユークイ
「道唄」をうたって夜通し家々を回る 御神酒に塩、タコ、ニンニクの和えもの…西集落最後の有田家
午前5時、根原家でのユークイ止め 8日目、種子の成長祈願「ムイムイの願い」
早朝の神事・シドゥリャニ 祭りを寿ぐ古老たち・シドゥリャニ
     カンタイの儀式
神の道を神司先頭に「参詣」 主事宅参詣
感激の大浜主事ご夫婦 大山顧問より主事へ激励の挨拶…
奉納舞台芸能 <仲筋村> (二日目)   「庭芸能」省略
   
仲筋ホンジャー 種子取を寿ぐ 弥勒神と子孫登場
  「シーザブドゥイ」
芸能の「シドゥリャニ」 「かぎやで風」
「揚作田節」 「天人(アマンチ)狂言」
「天人狂言」 「たのりやー」
「種子蒔狂言」 「蔵ぬぱな節」
「鳩間節」 「竹富節」
「崎山節」 「揚古見ぬ浦節」
「かたみ節」 「仲良田節」
「畑屋ぬ願い」 お弁当配りも頑張っています
「仲筋ぬヌベー」
 組踊「父子忠臣」
組踊「父子忠臣」 「盛山ぬドッケマー」
「扇子舞」 「うりずんぬ詩」
「する掬い狂言」 「する掬い狂言」クルマエビも!
「タコ捕り」 「長刀」
「久高節」 「サングルロ」
「鬼狂言(鬼捕り)」 
令和元年「竹富島の種子取祭」、無事終了いたしました。神様に感謝!
 
星砂の島第19号   膨大な写真からセレクト、編集延々と…  
(最終号・全国竹富島文化協会)
八重山日報 2020.12.6


次ページ



※ 当ホームページの写真作品の著作権は、全て写真家「大塚勝久」に帰属します。
※ 個人・法人を問わず、印刷物やサイト等に無断で転載利用する事を禁止いたします。
All pictures on this web-site are copyrighted by Shokyu Otsuka. All rights reserved.
No person or company is allowed to use or print the pictures on this web-site in any way without permission.